ディオールが独自の雑誌をデビューし、ホリデーシーズンにPrintempsと提携

標準ボディコンテンツ '>
diorスノードーム WWD

写真:ウィメンズウェアデイリー提供

その新しいデザイナーと ラフシモンズが配置されています 、ディオールはこの秋と冬に2つの大きな新しいイニシアチブを展開しています。光沢のある印刷雑誌と、パリのPrintempsとのホリデーパートナーシップです。



季節の雑誌、タイトルディオールは、ディオールのトップ顧客向けに、毎年9月と3月に9か国語で発行される予定です。 110ページのデビュー号では、表紙にマリオンコティヤールが登場し、ブランドの象徴的なバージャケットと1947年のフレアスカートを着用しています。

「それは贅沢を伝えるもう一つの方法です」とディオールのCEO、シドニー・トレダノは 雑誌の説明WWD 。 'これはカタログではありません。新鮮でモダンです。それが私たち自身の見方です。私たち自身のメゾン。今の会社の雰囲気を完璧に反映していると思います。」中にはスプレッドがあります

トップフォトグラファーのパトリックデマルシェリエ、ジャンバプティストモンディーノ、パオロロベルシ、ウィリーヴァンダーペールによるメンズウェア、ファインジュエリー、香水、アクセサリー、そしてシモンズへのインタビューに捧げられています。

一方、Printempsとのホリデーパートナーシップは、11月から1月まで続きます。店の窓には、ディオールのクチュールアトリエによって実現された、象徴的なディオールのルックスのレプリカに身を包んだ機械人形が収納されます。ショッピングバッグには、水彩画のスケッチや、アドベントカレンダー、上のスノードームなどの限定商品が登場し、特別版のディオールウォッチが手元にあります。